印鑑|通販|手書き文字を使った、京都の美しい手彫り仕上げ印鑑の西野

メニュー
象牙 会社用印鑑 実印・銀行印セット

会社用印鑑 象牙【並】 実印・銀行印 2本セット

最上級の「ハンコを持つ喜び」を…

象牙

会社印鑑(実印・銀行印)2本セットのページ。高級印材として定番の象牙を使用した印鑑になります。手書きの印影・手彫り仕上げが特徴。オーダーメイド商品なのに『気に入らない場合は返品』ができるので安心して購入が可能です。

象牙 ダルマ型 単品 象牙 寸胴型 単品

会社用印鑑はダルマ型(胴がくびれているもの)が主流ですが、寸胴型で作製も可能です。お好みの形状をお選びください。

用途について

会社設立時に法務局に登録する印鑑が実印(代表者印)になります。会社の非常に重要な印鑑で、正式な契約書などにも使われたりします。銀行印は銀行で口座を作られる際に必要なる印鑑で、日々の経営にどちらも必要な印鑑となります。一度印鑑を登録し運用を行うと変更の際に手続きなどが発生しますので、初回の作成時に他と同じ印影はない手書きの印影・手彫り仕上げの印鑑をお勧めしています。

象牙の
特徴について

象牙らしい自然な色合いをした、象牙印材の普及品タイプです。象牙のやや外側部分から採られた印材で、側面には少し繊維的な縞模様が見られ、頭部には、やや粗めの網模様が見られます。

象牙の
お手入れ方法

象牙はとてもデリケートな印材となります。乾燥や急激な温度変化がある冬季には特に気を付けて保管することを推奨しています。印面を水洗いやウェットテッシュでお手入れしないで下さい。印面が脆くなり欠ける原因となります。

印影サンプル

当店では、どちらもよくお選びいただいております。

  • 印相体
    印相体
  • テンショ体
    テンショ体

付属品

こちらの商品は、お選び頂きます形状によって付属品が異なります。

  • 象牙 ダルマ型付属品

    ダルマ型
    牛革袋・印面保護キャップ

  • 象牙 寸胴型付属品

    寸胴型
    牛もみ革印鑑ケース 黒色

象牙製品取扱い
事業者登録店

当店は、特別国際種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)として事業者登録をしています。販売する全ての象牙印章は正規商品です。


  • 特別国際種事業者として事業者登録

    特別国際種事業者
    登録番号:第01912号

  • 象牙政府認定シール

    象牙政府認定シール

通販でも安心

通信販売で『印鑑』を購入される場合は、実際に印鑑を確かめて購入することができないので抵抗があると思いますが、当店では下記の安心保証を揃えております。

  • 安心の5年間保証

    不可抗力により破損した時
    安心の5年間保証

  • 安心保証サービス

    お気に召さない時
    商品代金全額返金 安心保証

◆ 象牙の種類

象牙は、耐久性と耐摩擦性に優れ、重量感を誇り、手触りと質感ともに、はんこには最適とされ、実印として特に人気の高い印材です。一本の牙の内側は、木の年輪のような層になっており、中心にいくほど目が細かく密度が高いため耐久性に優れ、取れる量も少なくなるため希少となります。更に、「特上」「極上芯持ち」はハード(硬い)象牙の牙を使っているのでより硬く見た目も自然なアイボリー色をしています。

会社印鑑 象牙印鑑の色合い 会社印鑑 象牙印鑑の印頭

当店の取り扱う象牙印材は、ハード象牙とソフト象牙があり、それぞれ象の産地が異なります。


会社印鑑 象牙グレード解説

※ハード象牙について
一般的な使用品目は、印鑑、三味線ばち、箸、琴爪、根付等。特徴は、色はアイボリーで、透明度があり、固く傷がつきにくく光沢が良く印材には最高の素材です。


会社印鑑 ハード象牙 グレード解説

(1) 極上芯持ち象牙

象牙の中心にあたる部分を印材にしているので1本の象牙から取れる量も少なく希少で象牙の中でも最高のランクになります。上部の黒い点は、中心を使用している最高級品の証です。


会社印鑑 極上芯持ち象牙 印頭

(2) 象牙(特上)

キメがきわめて細かく、印頭の目もきわめて微細で、つややかな光沢が見られます。まさにIvory(象牙)らしい自然な色合いをしています。



会社印鑑 ソフト象牙グレード解説

※ソフト象牙について
一般的な使用品目は、印鑑、ピアノ鍵盤、ビリヤード玉等。特徴は、色は白っぽくハードに比べ少し柔らかく、光沢も若干劣る。

象牙の中心(芯)に近いほど目が細かく良質で希少な印材になります



会社印鑑 象牙 上 解説

(3) 象牙(上)

象牙特有の美しい乳白色。(中)よりも目が細かく、印材頭部の網目模様はほとんどなく美しい光沢が見られます。


会社印鑑 象牙 中 解説

(4) 象牙(中)

外側の表皮層から少し入った、やや目の落ち着いた部分を使用。(並)よりキメが細かく印材の頭部には細かな網目模様が見られます。


会社印鑑 象牙 並 解説

(5) 象牙(並)

象牙らしい自然な色合いをした、象牙印材の普及品タイプです。象牙のやや外側部分から採られた印材で、側面には少し繊維的な縞模様が見られ、頭部には、やや粗めの網模様が見られます。

お店が付ける象牙の『ランク』について

象牙印鑑を購入しようと思い、商品を見ると(並)・(中)・(上)など象牙にランクが付いているのを目にする機会があると思います。同じ価格帯の印鑑が並んでいた場合、よりランクが良い(高い)ものを購入した方がお得に思えますが、ここでひとつ知って頂きたいことがあります。問屋で印材ランクが決まっていても、ランクの呼称に明確な決まりがなくお店独自でランクを設けている場合があります。

「特選」や「高級」などで象牙で判断するのは間違いです。

当店では、井ノ口の厳選による【並】・【中】・【上】・【特上】・【芯持ち】の5種類のラインアップに厳格に分けており、各ランクの特徴を明確に記載しております。ランクの特徴がよく分かる部分が印頭になっており、グレードごとに拡大ができます画像をご用意しておりますので、是非お確かめ下さいませ。

手書き印影作家・井ノ口による世界にひとつの印影

京印章制作士・井ノ口清一

弊店が作製する印章はすべて京都府印章業協同組合から認定を受けた京印章制作士・井ノ口清一が、ご注文ごとに一点ずつ手書きで印影を書きあげております。

コンピュータ文字では出せない柔らかく趣のある仕上りが魅力です。

唯一無二にこだわっております

『お客様だけに唯一無二の印影を』

これまで手がけた印影は数十万本以上。ご用命を受けてから作製致しますので、決して同じ印影を使い回すことは致しません。

『お客様だけに唯一無二の印影を』その一点にこだわり、ひとつの作品を仕上げるように、日々制作に励んでおります。

熟練職人の業 ~手彫り仕上げの魅力~

弊店がお届けしている『手彫り仕上げ印』とは彫刻機械で荒彫りを行った後、印面を仕上げ職人が彫刻刀で仕上げる印章です。

山崎公詮

精密彫刻 山崎公詮

正確精密な技術で繊細な仕上げを得意とする公詮氏。長年篆刻に携わり、弊店の仕上げも行っている手彫り仕上げ職人です。一切の妥協なく、手書き文字の風合いを表現致します。

商品一覧

1件~ 1 件(全1件)
商品チェック履歴
  • 最近チェックした商品はありません。
はじめての方へ
  • 当店の印鑑へのこだわり
  • 安心の印鑑5年間保証
  • もしもの時の安心保証サービス
  • お急ぎの方へ印鑑特急仕上げ
実印・銀行印セット
実印・銀行印・角印セット
実印・銀行印・ゴム印セット
丸印・角印・ゴム印セット
実印・銀行印・角印・ゴム印セット
  • 100倍楽しむ!はんこ辞典
メディア掲載

営業時間:朝10時~夕方4時
定休日: 土・日・祝日
メールでのご注文・お問合は365日24時間、受付中!!

SHOP INFORMATION

PAGETOP