印鑑|通販|手書き文字を使った、京都の美しい手彫り仕上げ印鑑の西野

メニュー

会社/法人用 象牙印鑑【上】 実印・銀行印 単品

象牙印鑑(上) 法人用印鑑
  

西野工房では、角印のサイズを21.0ミリ・24.0ミリの2サイズからお選び頂けます。


大量生産ではなく京都の熟練職人が1点1点心を込めて作成する京印章ブランド認定品の印鑑です。象牙印鑑は、高級印材として有名です。西野工房では、厳選に品質を井ノ口清一がチェックを行いランクにあった品質のみを仕入れています。象牙(並)よりも象牙(中)、更に象牙(上)になると牙の中心に近くなるため、印材として取れる数量が1本の牙から極々僅かな量となりますので、希少性はかなり高いです。こだわりを持って会社用印鑑(法人印鑑)を作製される方がよくお選び頂く素材となります。


これから起業を始められる方・心機一転会社用印鑑を変更される方に、京印章制作士の認定を受けた井ノ口清一が、温かみと趣のある手書き印影を印鑑に心を込めて仕上げます。

京印章とは・・・

京都で作られた伝統と技術を継承する印章の事。京都の歴史と共に歩んできた、伝統工芸品です。

象牙印鑑(上) 形による違い
アタリは、ダルマ型には、突起タイプと合わせてシールを貼らせていただいています。寸胴型には、突起はありません。シールのみとなります。※突起タイプのアタリの素材は、象牙を使用しています。

象牙印鑑(上) ダルマ型キャップ付き
ダルマ型の丸印には、法人の印鑑らしい風格ある印面保護キャップが付属しています。※寸胴型の丸印には、付属していません。

印鑑にこだわる方にオススメ 象牙(上)

用途について

法人実印(代表者印)は、会社設立時に法務局に登録する印鑑になります。会社として正式文書の契約時にも使用されます。会社銀行印は、金融機関の口座開設などに使用する印鑑になります。もしもの時のために、実印・銀行印は別でご用意して使い分けることをオススメしております。象牙(上)は、21.0ミリのサイズは取り扱いを行っておりません。

象牙(上)の特徴について

希少性が非常に高い象牙を使用して作られた印鑑になります。各象牙には、1本の牙から取る場所によってランクが付けられています。内側(牙の中心に行く程)の素材程、取れる数も少なくなりますので、希少性が上がりますし、象牙特有の網目模がほどんどなく美しい光沢が見られます。

象牙(上)の欠点について

希少な印鑑素材「象牙」と幅広く認識されている印材。希少性と高価な素材なだけに店舗やお店によって価格は様々です。象牙への品質とこだわり、印鑑を作製する際の加工技術で値段の適性を確認する事が非常に重要です。「高品質」「高級品」などの文言はお店で付ける事ができるので、商品名の「高級」などで選ぶことは避けた方がいいかもしれません。

象牙(上)のお手入れ方法

印鑑のお手入れで重要なことは、保管と捺印後の印面のお手入れになります。稀に、印鑑ケースなどに収納しないで引き出しにそのまま収納されているケースがありますが、温度や湿度の影響を受けるためあまりよくありません。また、捺印後に印面の朱肉を綺麗に拭き取ることも印鑑を長く使用するにあたり非常に重要な点になります。水洗いやウェットティッシュでのお手入れは、水分による印面の劣化が起こるため推奨しておりませんので、お止め下さい。

象牙製品取扱い
事業者登録店

当店は、特別国際種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)として事業者登録をしています。販売する全ての象牙印章は正規商品です。


  • 特別国際種事業者として事業者登録

    特別国際種事業者
    登録番号:第01912号

  • 象牙政府認定シール

    象牙政府認定シール

認定を受けた技術

西野工房は、京都府印章業協同組合が認証する京印章の老舗。さらに手彫りについては、全日本印章業組合連合会が公正取引委員会と定めた厳しい彫刻方法基準のうち、「手仕上げ彫刻」に関する基準をすべて満たしている。



京印章認定書

付属品について

こちらの商品は、お選び頂きます形状によって付属品が異なります。

  • ダルマ型の付属品

    ダルマ型
    牛革袋・印面保護キャップ

  • 寸胴型の付属品

    寸胴型
    牛もみ革印鑑ケース 黒色

通販でも安心

通信販売で『印鑑』を購入される場合は、実際に印鑑を確かめて購入することができないので抵抗があると思いますが、当店では下記の安心保証を揃えております。

  • 安心の5年間保証

    不可抗力により破損した時
    安心の5年間保証

  • 安心保証サービス

    お気に召さない時
    商品代金全額返金 安心保証

◆ 象牙の種類 (会社/法人用印鑑 象牙)

西野工房が取り扱いを行っている象牙には、「ハード象牙」と「ソフト象牙」2種類の象牙があります。ハード象牙とソフト象牙では、象の産地が異なります。会社/法人用印鑑で取り扱っている象牙(並)・象牙(中)・象牙(上)は全て「ソフト象牙」になります。象牙の中心(芯)に近いほど目が細かく良質で希少な印材になります。


ソフト象牙


※ソフト象牙について
一般的な使用品目は、印鑑、ピアノ鍵盤、ビリヤード玉等。特徴は、色は白っぽくハードに比べ少し柔らかく、光沢も若干劣る。



象牙印鑑(上)

3. 象牙(上)

象牙特有の美しい乳白色。(中)よりも目が細かく、印材頭部の網目模様はほとんどなく美しい光沢が見られます。


象牙印鑑(中)

4. 象牙(中)

外側の表皮層から少し入った、やや目の落ち着いた部分を使用。(並)よりキメが細かく印材の頭部には細かな網目模様が見られます。


象牙印鑑(並)

5. 象牙(並)

象牙らしい自然な色合いをした、普及品タイプです。やや外側部分の印材で、側面には少し繊維的な縞模様が見られ、頭部には、やや粗めの網模様が見られます。

印鑑作製を行う京の熟練職人

井ノ口手書き印影の作風

上を向く線でお守り的役割も果たすような作風

印影を担当する井ノ口の作風は、線の一本一本が上向きに書かれているのが最大の特徴。『運気や金運などを受け止めるお守りにもなるように』との思いが込められています。完成の印影を見ると手書きの温かさがあり、線が上を向く縁起の良い印影となっています。京都府印章業協同組合から認定を受けた確かな技術で、ご注文ごとに1点1点手書きで印影を作製します。


精密彫刻士 山崎公詮

個性も表情も一段と豊かな自分だけの印鑑に

チタン印鑑以外の印鑑を彫刻するのは、京印章職人歴約50年、精密彫刻を極めた山崎公詮(こうせん)。線のカーブやエッジ、印鑑の丸枠、文字間などをミリ単位で彫刻、調整。線を削りすぎたり、彫りが深すぎても浅すぎても、鮮明な印影とならないため、細心の注意が必要の技術になります。

商品一覧

1件~ 2 件(全2件)
商品チェック履歴
  • 最近チェックした商品はありません。
はじめての方へ
  • 当店の印鑑へのこだわり
  • 安心の印鑑5年間保証
  • もしもの時の安心保証サービス
  • お急ぎの方へ印鑑特急仕上げ
丸印・角印 2点セット
実印・銀行印・角印セット
実印・銀行印・ゴム印セット
丸印・角印・ゴム印セット
実印・銀行印・角印・ゴム印セット
  • 100倍楽しむ!はんこ辞典
メディア掲載

営業時間:朝10時~夕方4時
定休日: 土・日・祝日
メールでのご注文・お問合は365日24時間、受付中!!

SHOP INFORMATION

PAGETOP